リタイア後の気ままな日々


by buntohina
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:TENNIS( 16 )

縁の下

年頭につき、常々思っている事。

生きていく上で、必ず「裏方」・「縁の下」は、必要不可欠です。
ただ、残念ながら、「この事」を知らずに、また、あえて 知ろうともせず
生き永らえる「人種」もいます。 ごく身近にも います。 残念!!

昨秋のトーナメント時、
なんとか翌日の試合に間に合わせるよう、
24時間前から、「黙々」と「自分の仕事」をこなしてくれる
人たちもいます。

だから、この「トーナメント」は、
絶対 応援しようと思います。

昨秋、このコートで15日間、600試合以上をグランマと捌きました。
このトーナメントは、多分 「日本一長いトーナメント」だと思います。
a0158196_21135697.jpg

サーフェスは、「天然芝」です。
[PR]
by buntohina | 2012-01-01 21:14 | TENNIS
年に数度、テニスの大会でアシスタント レフェリーをやります。

今回は、「九州選手権」。場所は、博多の森。
九州地区では、規模・設備ともトップクラスです。
全20面を本部から「モニター画面」で監視できます。
a0158196_9114193.jpg

我が作業場は、手前の机の塊。
目の前にモニターの画面があり、画面を注視しながら、
諸雑務を消化し、コートからの「レフェリー呼び出し」に対応します。
a0158196_912970.jpg

仕事の中身は色々ありますが、
「究極」は、画面に見える20面の「進行表」を作り、
進捗状況の整理をしていく事かな。
考えの基本は、天候に影響を受けず「消化出来る」事なので、
この時期の運営は、「至難の業」と思います。

この2年、集中的に場数はこなした積りですが、
レフェリーには、「業界人としての顔」が必要である事を痛感しています。
[PR]
by buntohina | 2011-06-19 09:12 | TENNIS
今週、福岡県の飯塚市で「車いすテニス」の国際大会が開かれています。

わが家は、前2週の女子プロサーキットのみへのエントリーでしたが、
審判の人数がどうしても足りないとの事。
線審でいいから「来て!」と言われ、
昨日のみ、審判の応援に行きました。

グランマを審判ブースの近くで降ろし、駐車場に車を停め、
ブースに行くと、皆が怪しげな「笑み」を浮かべています。

主審が足りなくて、「やってくれ」との由。
「え~~っ!!」とは言ったものの、
断る格段の理由もないので、2試合 椅子に座って来ました。

ま、こんな騙され方なら 「よし」とするか、というとこですが、
もし自分が運営側なら、少なくとも前夜、
最低の注意事項を添えて、「丁寧に」お願いするなぁ。

車いすテニスは、プレー自体は 一般と、それほど差はありませんが、
試合形式 その他諸々で、微妙に違うのです。

試合の合間に、久々に「木陰で昼寝」も出来たので、
まぁ、「良い日」でした。
[PR]
by buntohina | 2011-05-20 07:32 | TENNIS

戦い前夜

と言っても、自分が戦うわけではないけど。

先週の予選に続き、明日からの3日間「九州室内テニス選手権」の
本戦が始まる。

本戦初日の明日は、一つのコートで6ラウンドを消化せねばならない。
10時間は掛かるのだろう。

途中、弁当を食べる15分と、トイレの2,3回を除けば、
ず~~~~~~~っと、何が起こるか分からない
コート方面を凝視していなければならない。

あ、
やっぱり自分にとっても、「戦い」だなぁ。

選手からの 「ちょっとお願いします」がないのも眠くなるが、
揉め事が多いのも困る。
ほどほどに 一日が過ぎる事を祈る。
[PR]
by buntohina | 2011-02-17 19:13 | TENNIS

審判業 始動

外は、今日もまた「雪」。
寒い寒い寒い。
ティーは、ずっと「膝の上」です。

よく人から、「毎日何をやっている?」のか訊かれますが、
昨秋から 週のうち3日間でも「働く場」を与えられ、
しかも今はティーと二人きりなので、それなりに「家事全般」を
こなすと、今の「実力」では、昼寝の暇もありません。

楽しみは、8時頃から1,2時間TVを点けながら、
ソファーでティーを乗せながら「うとうと」する事。

さて、テニス業も今日から始動します。
来月に2週に亘り「九州室内テニス選手権」がありますが、
レフェリーの依頼があり、今夜は「選手選考会」です。

今ほど、提出用の昨年の実績を整理していましたが、
今年も前年並みの10大会・50日前後の関わりが、ありそうです。

週3日の仕事の方も、慣れない店頭営業で覚える事も多く
20代後半の「先輩社員」に小突かれながら
何とかやっていますが、「管理職だった頃」がウソのようです。
それにしても、ずいぶん「気が長く」なりました。

「動くルールブック」として君臨するため、
今日からは、また「テニスルール」にも傾注しなければ。

いつになったら、ホントにノンビリ出来ることやら…。
[PR]
by buntohina | 2011-01-24 11:38 | TENNIS

残務

17日間の大会は、先週の水曜日に無事終わりましたが、
大会報告書のコメント作成があり、今朝 私見を提出。

あとは忘れないうちに、自分なりの反省点をまとめ
来年に備えるのみ。

公式大会ゆえ、
大会途中での出場取り消し等、罰則規定も適用される。
選手登録ナンバーと名前、内容を再再度チェックし、
送信元に返信。

これでボチボチ日常モードに戻れそうですが、
気が付けば、オアフ行きまで3週間を切り、
焦りも少々。 今回は夫婦のみの時間は3日間しかなく
余計焦ります。 それにしても、準備不足は否めず、
まぁ、どうにかなるかな?

関東方面では、私的に少し騒々しく、
結局エンドレスで、倒れるか惚けるまで
バタバタバタの連続なんだろうなぁ。

半月以上一人ぼっちだったティーが、膝の上。
お互い束の間の「幸せ」。
[PR]
by buntohina | 2010-11-23 12:56 | TENNIS

戦いすんで

長いと思っていた17日間の大会も一昨日で終了。
去年よりは上手く行ったと思うけど、今年も課題を残した。
来年は、もう少し上手くやろう。

終盤近くの試合後の光景。
a0158196_2284631.jpg

天然芝故、ラインは毎日のように引かなければならないが、
試合の進行と共に芝が削れ、ペイントは土に染み込んでしまう。
これも試合トラブルの要因の一つだが、天然故ねぇ~。
どうしようもない。

全試合終了後のコート。
a0158196_2291981.jpg

そして、敷地内のモミジ。
a0158196_2294370.jpg

今年は特に綺麗だったなぁ。
[PR]
by buntohina | 2010-11-19 22:09 | TENNIS

17分の12 終了

比較的天気が安定しているとはいえ、
一試合を除き、昨日まで全ての試合が日程通り終了できた。
12日間も、奇跡に近い。

天然芝で、しかも夜間照明が無いため、
日没や選手の懐具合(延泊やフライトの変更)との
隠れた戦いもある。

朝一のコートキーパーとの簡単な打合せに始まり、
応援の審判員との打合せ、
そして、日中はコート上で起こる全てのトラブルに対処する。

約200Pのルールブックを隈なく覚えている「積り」だが、
そこは「凡人」。
たまに間違いもあるね。

約600の試合の中には、「プロ」絡みもあり、
何人かのプロも参加しているが、
「一人」だけ、全く感性の合わん奴がいる。

私は「プロ」よ。「知らないの!?」と言わんばかり、
勝手に我々の仕事部屋に入って来る。
コートキーパーと、他の選手が「出来る」と言っているのに、
滑るだの、開始時間がだの…。

実は、本人が思っているほど、他の人々は思ってないんだよね。
いつでも、どこにでもいる。

趣味に絡んだ世界で、もう少し楽しく、と思っていたが、
やはり、楽じゃないね。
公私ともに、色々あり!
[PR]
by buntohina | 2010-11-13 06:06 | TENNIS

昨日

バルーン世界大会最終日。
試合前のレフェリー室からの光景。
a0158196_21471136.jpg

風向きが こちら方面だったので多数のバルーンが飛んで来た。
a0158196_21451593.jpg

コート上では熱戦が繰り広げられている。
a0158196_21453874.jpg

明日が中日。 まだ9日間ある。

試合対象の選手が、日の経過とともに若返るため、
各地の銘菓は減ってくる。
[PR]
by buntohina | 2010-11-08 21:45 | TENNIS

また、揉めた

この時期 佐賀は世界的なバルーン大会。
朝方、多数のバルーンを見る事が出来た。
a0158196_05409.jpg

a0158196_06484.jpg

ここまでは、良かった。

大会4日目、ぼちぼち「いろいろ」出始めた。
顕著なのがラインジャッジのトラブル。

この大会は、決勝戦以外は全てセルフジャッジ。
自陣の判定は、全て自身で行う。
基本的な大前提、「疑わしきは、相手有利に!!」の元に。

が、昨日あたりから何となく騒々しくなり、
きょうは、同一試合中「3度」呼ばれた。
そのうちの一人は、昨日も当事者の一人であり、きょうも勝った。
という事は、明日もそのコートに呼ばれる確率が高い。

「全日本」という冠がそうさせるのか、人間の性(さが)がそうさせるのか、
本来揉め事は無い筈なのに、今年も変わらず。 あと、13日。
[PR]
by buntohina | 2010-11-05 00:06 | TENNIS